ダイエットをするには、いくつかの方法があります。その中の1つに、フルーツ青汁がありますが、どういうわけか飲み始めてから太ったという人もいるそうです。
なぜダイエットに役立つはずのフルーツ青汁で太るのか、調べてみました。

適切な量を飲んでみた場合フルーツ青汁で太ることはない

太ったという人もいるのは事実ですが、基本的にフルーツ青汁を飲んで太るという事は考えにくいです。
というのも、フルーツ青汁のカロリーが、1杯20キロカロリーもないからですね。
その実11キロカロリー程度だと考えていいでしょう。

仮に朝昼晩、3杯飲んだとしても、摂取カロリーは60~70キロカロリーと言ったところでしょうか。
1袋約60gのポテトチップスで、300キロカロリー超えますから、それを止めて3杯のフルーツ青汁にしてもダイエットの助けになるでしょう。

余談になりますが、1kg減らすために必要なカロリーは7200キロカロリーとも言われ、増やすためにも同数のカロリーが必要になるでしょう。
つまり、毎日3杯飲んでいたとしても、7~8か月に1kg増える程度のカロリーしかありません。それで太るというのは、難しいのではないでしょうか。

一食置き換えや運動などの行動を起こさないと太る可能性も

では、なぜ太るという人が居るのかですが、おそらくフルーツ青汁を過信しているのでしょう。フルーツ青汁を飲んでいるから、間食をしても大丈夫とか、運動をしなくても大丈夫とか、多めにご飯を食べても大丈夫など、フルーツ青汁を飲んだだけでダイエットをしていると勘違いしていると、太る可能性があります。
フルーツ青汁は、体重を減らす薬ではありません。

痩せやすい体を作る手助けはしてくれても、飲めば痩せるという事はないのです。
つまり、「フルーツ青汁を飲んであとはいつも通りの生活」では、痩せることはできません。
体重を減らそうと思ったら、置き換えダイエットで摂取カロリーを減らすようにするとか、運動をしっかりして、カロリーを消費するとか、別途何か行動する必要が出てきます。

効果が現れるまでに最低3ヶ月継続しましょう

太ったではなく、痩せない=効果がないといった話も良く聞きます。
これも、過信している事案ではあると思うのですが、口コミでよく見かけるのが「2週間続けてみたけど、痩せませんでした」といったものがあります。
フルーツ青汁には、即効性はなく、効果が現れるまでに最低3か月は必要だとも言われますし、仮に置き換えダイエットで、毎日240キロカロリー減らすことが出来たとしても、7200キロカロリーになるのには1か月かかります。

2週間で体重を減らそうと思ったら、それこそ昼食か夕食を置き換えるくらいの覚悟は必要になるでしょう。
また、急激なダイエットは、停滞期に入りやすくなり、リバウンドの危険性も高くなりますから、お勧めできません。

フルーツ青汁を飲むだけではダイエットにはなりません

繰り返しになりますが、フルーツ青汁は薬ではありませんから、効果の大きさも即効性も期待はできません。ダイエットに成功している人の多くが、別途運動などをしているのです。
つまり、全くの労力なくダイエットが出来るという事はありませんから、フルーツ青汁を飲みながらも、ダイエットはダイエットとしてしっかり行いましょう。