Pocket

青汁やサプリメントを飲む時に、気になるのが飲み合わせです。
普段薬を飲んでいるけど大丈夫だろうか、他の商品と併用飲みしても大丈夫だろうかと、心配になる人も少なくないでしょう。

そこで、フルーツ青汁の飲み合わせについて簡単にまとめてみました。

フルーツ青汁と組み合わせが悪い薬

よく言われているのが、ワーファリンというものです。

ワーファリンとは血液凝固を防止する薬ですが、フルーツ青汁には血液凝固に使われるビタミンKが豊富に含まれているため相性が悪いです。

この他にもビタミンAと相性が悪いと言われているのが、テトラサイクリン系抗生物質や角化症治療剤などと複数あります。

ビタミンAと一緒に摂った場合、テトラサイクリン系抗生物質だと頭痛を引き起こす可能性がありますし、角化症治療剤だとビタミンA過敏症と同じ症状を引き起こすかもしれません。

要するに特定の成分と相性が悪い薬の場合、栄養豊富なフルーツ青汁はその成分を持っている確率が高いですから、一緒に飲まない方が良いでしょう。

どうしても飲みたいという場合には、一度医師に相談してから決めるようにしてください。

サプリメントと一緒に飲む場合は成分の過剰摂取に注意

どちらも食品ですから、基本的には一緒に飲んで悪いという事はありません。
ただし、どちらも栄養補給を目的としたものですから、成分の過剰摂取にだけは気を付けるようにしてください。
フルーツ青汁はダイエットのために飲む人も多く、同じくダイエットに良いとされるサプリと一緒に飲みたいという人もいると思います。

ですが、それはあまりおすすめできません。
ダイエットサプリの中には特定の成分を吸収させず、カロリーの摂取を抑える働きをするものがあるからです。
そのサプリと一緒に飲んだ場合、青汁の成分もブロックされてしまいかねません。

その他フルーツ青汁と相性の悪い組み合わせ

フルーツ青汁を飲む目的はいろいろあると思いますが、鉄分やビタミンCが豊富なことから貧血対策に飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

その場合には、お茶やコーヒーと一緒に飲むことは避けるようにしてください。
これらに含まれるタンニンが、鉄分の吸収を妨げてしまうのだそうです。

タンニンを含んでいるものとしては、他にも赤ワインなどがあげられますので注意してください。
ただ青汁を飲んでいる間ずっとタンニンを摂ってはいけないのではなく、時間をおいてから飲めば大丈夫だと言われていますから、飲むタイミングも考えてみるといいでしょう。

また酵素やビタミンCが熱に弱いため、温かいものとの相性は悪いです。
ダイエット効果に関する酵素や大麦若葉に含まれている抗酸化作用のある「SOD酵素」も熱に弱いですから、気を付けてください。

健康的に過ごすためにフルーツ青汁の組み合わせを考えてみませんか

まず薬を飲んでいる人は、医師に相談することを徹底してください。
個人で判断して、健康被害にあってからでは遅いです。
それ以外の場合には、飲んでいる青汁によっても相性が変わってきますから、相性のいい飲み合わせを調べて実践してみるといいでしょう。