Pocket

ダイエットをするときには、一刻も早く痩せたいと考えている人が多いと思います。
しかし無理してダイエットをしてしまうと、逆効果になる可能性もあります。

急激なダイエットでどういった事が起こるのか、その危険性について調べてみました。

フルーツ青汁を使った置き換えダイエットで本当に痩せるのか?

中にはフルーツ青汁で、そんなに減量できるのかと疑っている人もいるのではないでしょうか。
そこで、どれくらい痩せられるのかを考えてみましょう。

フルーツ青汁を使ってのダイエットでポピュラーなものが、1食をフルーツ青汁に置き換えるダイエットです。
ここでは仮に1日のどこかで毎回生姜焼き定食(900カロリー)を食べることにしましょう。

そのうえで、生姜焼きをフルーツ青汁に置き換えます。

フルーツ青汁のカロリーは12キロカロリーあるかないか程度ですから、計算を簡単にするため0キロカロリーで計算します。

つまり、1日の削減カロリーは900キロカロリーですね。
1か月だと×30をして、27000キロカロリーです。
これは3.75kgぶんの脂肪に相当します。

置き換えだけでこれだけ痩せることは、難しいです。
別途運動もすれば1か月で5kg以上痩せることもできるでしょう。

急激な体重減少はリバウンドの元

5kg程度と思う人もいるかもしれませんが、健康的な痩せ方は1か月で体重の5%と言われます。

体重50kgの人で、2.5kg、60kgの人でも3kgです。

これを超えるとホメオスタシス機能が働き、体重減量の停滞期に入るそうです。

ホメオスタシス機能とは体を一定に保つ機能で、人の体温が一定なのもこの機能のおかげです。

急激に体重が減ってエネルギーが足りなくなると、体が飢餓状態になったと勘違いしてエネルギーの節約を始めます。

変わりやすく言い換えると、カロリーを摂取しやすくなりカロリーを消費しにくくなりますので太りやすい体になります。

そのため、リバウンドをしやすくなります。

無理なダイエットを継続すると体に悪いです

急激なダイエットをすると、栄養不足になります。
栄養不足だと、貧血などの体調不良に加えて精神的不安定にもつながります。

その状態を我慢し続けると、今度は過食症や拒食症、最悪内臓の病気になる可能性もあります。
炭水化物制限ダイエットや糖質制限ダイエットなど、特定のものを摂らないダイエットをおこなっても、栄養不足になる可能性はあるそうです。

ダイエットは栄養をバランスよく摂ってこそ、という事ですね。

ですから、制限ダイエットをする場合でも全く摂らないという事はお勧めしません。

また体調不良ではないですが、急激なダイエットをすると細くなる体に皮膚が追い付かず、たるみの原因になります。

酷い時には手術をして皮膚を切除しないと戻らないこともありますから、ダイエットは無理しないように行うようにしたいですね。

フルーツ青汁で無理なく健康的にダイエットを!

無理なダイエットはつらいだけではなく、体に不調を与える事にもなります。

結果的に、ダイエットを終えても問題が生まれつらい状況が続くという事にもなるでしょう。

そのため健康的に痩せることを意識して、決して無理なダイエットをしないようにしてください。