酵素がダイエットに良いという事で、フルーツ青汁に入っていることも多いです。
しかし、酵素がどういうものかをちゃんとわかっている人は、少ないのではないでしょうか。
そこで、簡単に調べてきましたので、見ていってください。

フルーツ青汁にある酵素って何?

学校の授業で消化酵素については、習ったことがあるのではないでしょうか。アミラーゼとか、ペプチダーゼとかですね。
その酵素と似たようなものだと考えると、わかりやすいかもしれませんね。
酵素とは特殊なタンパク質で、消化酵素や代謝酵素は人間の体の中でも作られます。

消化酵素はその名前の通り、消化や吸収に関するものです。
代謝酵素は、代謝に関わるもので、大雑把な話をすると、カロリー消費は代謝によって行われますから、代謝酵素が増えるとダイエット効果も高くなります。
フルーツ青汁のように外部から取り入れた酵素は、食物酵素と言って、どちらかといえば消化酵素のような働きをするものです。

また、酵素は1つの働きしか持ちませんから、外から取り入れた酵素が何か変化して、代謝酵素と同じ働きをしだすという事もありません。

フルーツ青汁に配合されている酵素の働きって何?

先ほど説明した通り、食物酵素は消化酵素のような働きをしてくれるそうです。
消化を手助けしてくれるものだと考えると、わかりやすいのではないでしょうか。
しかし、それではダイエット効果は得られませんよね。

ところが、消化酵素と代謝酵素は、片方が増えれば片方が減るといった性質があるとされ、消化を助けて消化酵素の分泌を抑えることが出来れば、代謝酵素を増やすことが出来るそうです。
ただ、この辺りの効果の真偽ははっきりしないところもありますから、過信はしない方が良いかもしれませんね。

そもそも薬ではありませんから、大きな効果を期待できるものでもありませんし、フルーツ青汁を飲んでいるから、運動や食事制限は必要ないという事はありません。

酵素の効果は加熱処理により弱くなる?!

酵素ですがとても熱に弱く、48度ほどで失活して、効果を失ってしまいます。
もしも、製造段階で加熱処理が行われていたら、私達の手元に届くころには、酵素が壊れてしまっている可能性は高いです。
そのため、酵素の力を最大限に受けたいというのであれば、加熱処理をしていないものを選びましょう。

加熱処理をしていない酵素を、「生酵素」と読んでいることもありますから、参考にしてみてください。
ただし、酵素が壊れてしまったら、全く意味がないというわけでもありません。
酵素が作られる過程において、原材料を発酵させるのですが、発酵させるという事はすでに酵素を使って分解しているところだと言えます。

分解途中の栄養は、消化が楽になりますから、栄養の吸収が良くなると言われます。
それに、酵素を作る材料にもなりますから、無駄にはならないでしょう。

フルーツ青汁の酵素はおまけと考えた方が気持ちが楽かも

青汁ですから、栄養豊富であるというところが大切で、ダイエットをするにしても置き換えダイエットが主流になります。
そのため、フルーツ青汁は酵素でのダイエット効果を、そこまで重要視する必要はないと言えるでしょう。いっそおまけだと考えてしまった方が、良いかもしれません。