Pocket

ダイエット効果ばかりが取り上げられるフルーツ青汁ですが、それだけではないことをご存知ですか。
青汁としての豊富な栄養もさることながら、便秘解消してくれるものとしても優秀なのだと言います。
どうしてフルーツ青汁で便秘が解消できるのか詳しくご紹介します。

乳酸菌と食物繊維が入ってるので便秘の解消に役立つ

全ての商品を見たわけではありませんが、乳酸菌が入っているフルーツ青汁は非常に多いです。

乳酸菌は善玉菌と呼ばれるものの1つで、腸の環境を良くしてくれます。

乳酸菌と同じ善玉菌のビフィズス菌が入ったものもしばしば見かけますね。

ここまでは、よく聞く話ではないでしょうか。

さてこの乳酸菌やビフィズス菌ですが、胃酸や熱に耐え生きたまま腸に届いてくれないといけません。

確認した限りほとんどの乳酸菌入りフルーツ青汁では、それらに耐えられる様に作られています。

腸内環境が整えば便秘解消につながりますから、フルーツ青汁は便秘に効果あると言えるでしょう。

また善玉菌だけではなく、食物繊維も豊富に含まれています。

こちらは普通の青汁にも多いからか注目度も低いようですが、有名な整腸作用がある成分ですよね。

このおかげで、フルーツ青汁は便秘解消にかなり役立つと言っていいでしょう。

多くのフルーツ青汁に配合されている酵素

乳酸菌や食物繊維ほど整腸作用があるわけではないと思いますが、多くのフルーツ青汁には酵素が含まれています。

食べ物から摂った酵素は食物酵素と言って、消化の手伝いをしてくれるのだそうです。
つまり、腸への負担を減らしてくれるわけです。

それから酵素が入っているという事は、酵素を作り出すために消化されつつある栄養素が入っているという事にもなります。

食べ物は消化されて吸収されますが、すでに消化が終わって入れば吸収されるだけですから、やはり胃腸への負担軽減につながるでしょう。

負担が減れば腸内環境は正常に戻っていくでしょうから、間接的に便秘に効果があると言っても良いのではないでしょうか。

便秘を解消したいなら水分不足も避けましょう

便秘の原因として、水分不足も大いに関係しています。
便秘解消にもたくさんの水を飲むという事は言われていますから、まずは水分をたくさん摂るようにしてみたらどうでしょうか。

それでもダメなら、フルーツ青汁の力に頼っても良いかもしれませんね。