青汁と一緒に飲まない方が良いと言われるものは、いくつかありますが、中でもワーファリンは良くあげられる薬です。ですが、この薬の名前を聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。そこで、ワーファリンとは何か、何故青汁と一緒に飲んではいけないのか、調べてみました。

ワーファリンを摂取している人や効果のこと

ワーファリンは、ワルファリンとも呼ばれ、心臓や血管に病気があり、血液が固まりやすい人が飲む薬です。
要するに血液凝固を防止する薬、と言う事になりますね。
血液の固まりやすさは人により違うため、ワーファリンには決められた摂取量は存在しません。

検査をして、一人ひとりに合わせた量が決められます。
ワーファリンの効果が強いと、副作用として、出血する可能性があるのだそうです。
具体的には、鼻出血、歯茎からの出血、傷口からの出血などになります。

一緒に飲んではいけない理由はビタミンKが原因

上記通り、ワーファリンは血液に関する薬ですから、上手く効果が発揮できなければ、大問題に発展する可能性は高いです。
その中で、フルーツ青汁がいけないと言われているのは、ビタミンKが原因だと言われています。
ビタミンKは血液凝固に必要なものらしく、多量のビタミンKはワーファリンの効果を打ち消してしまうそうですから、血液が固まってしまう可能性があるわけですね。

それが重要な器官で起こってしまったら、重大な障害が残るかもしれませんし、最悪死に至るかもしれません。
ビタミンKが入っていないものがあれば、飲んでもいいのかもしれませんが、そもそもビタミンKが多いとされているから、一緒に飲んではいけないと言われているわけですから、探してみるだけ無駄かもしれませんね。
此処で、勘違いしないでほしいのは、ビタミンKが問題にはなりますが、通常の食事で適量とる分には問題がない事です。

ワーファリンを飲んでいるからと、頑なにビタミンKを取らない生活を行っていると、また別の問題が出て来る可能性があります。
そう言った事も含め、医師に相談してから飲むようにしたらいいでしょう。

フルーツ青汁以外の相性が悪い食品

ビタミンKが多いものは、青汁に限らず、ワーファリンと一緒に飲んではいけません。
緑黄色野菜に多いのは確かなのですが、それ以上に納豆とクロレラが駄目だとして例に挙げられるものになります。
納豆は1パックで240μgのビタミンKが含まれます。

この量は、青汁1袋に含まれるビタミンKの倍以上にもなりますから、その多さが分かるのではないでしょうか。
クロレラも1日分を飲むと、最大288μgになると言われていて、ワーファリンとの併用を禁止されています。ビタミンK以外の成分だと、アルコールもワーファリンとの相性が悪いですから、控えるようにしてください。

フルーツ青汁は安全な飲み方を徹底しよう

痩せるためであったり、健康の為であったりと、フルーツ青汁を飲む理由は様々あると思いますが、飲んで不健康になってしまっては意味がありません。ワーファリンに限らず、薬を処方している人、病院に通っているという人は、医師に相談してから飲む事を徹底するようにしましょう。