たくさんの類似商品がある中で、自社の商品を買って貰うためには、何か差別化を図らないといけません。青汁だと、原料の野菜の数が多い事を売りにしているものを、見たことがあるのではないでしょうか。しかし、野菜の数が多いというのは、良い事なのでしょうか。

栄養価のバランスを取るために原材料を多くしている

原材料が多いとなんとなく良い物のような気がしてしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか。
青汁のベースとして使われるものは、ケールや明日葉、大麦若葉といった野菜です。
これらの野菜は、それだけでもかなりの栄養価をもっていますから、充分だと言えなくもありません。

しかし、どんな野菜であっても、栄養素的に少ないところはできます。
まんべんなくすべての栄養素を含んでいる食品というものは、そもそも存在しないはずですよね。
そこで、いくつもの野菜を混ぜることで、足りなかった栄養素の補完をすることが出来ると考えられます。

要するに栄養バランスを良くするために、原材料を多くしているのでしょう。
栄養はバランスが大事というのは、昔から言われている事ですし、より健康に良い物が出来上がるのだと思います。

青汁の原材料が1種類だけだったら?

上記と逆だと考えれば、とりあえずはその通りだと言えるでしょう。
ただし、多くの野菜を入れるという事は、それだけ1つ1つの配合量が少なくなるという事でもあります。
前述した青汁のベースとなる野菜は、それぞれ高い栄養価を持っていて、他の緑黄色野菜と比べても高水準であると言っていいでしょう。

それと別の野菜を混ぜるのですから、栄養の総量で見た場合、どうしても少なくなってしまいます。
ケール100%の青汁の総栄養価を100だとすると、別の野菜を混ぜることで、90や80になってしまう恐れがあるという事ですね。
バランスは良くなるかもしれませんが、小ぢんまりとしてしまうでしょう。

それならば、栄養豊富な野菜100%の青汁の方が良いのではないか、という考えもできます。
実際ケール100%を売りにしている青汁も売られていますし、足りない部分は食事で補えば問題もないでしょう。

無難なのは多種類の野菜が入った青汁

2つの青汁について考察しましたが、どちら良いとは決めにくいところがあります。
ただし、無難なのは、いくつも野菜が入った、栄養バランスの良い青汁でしょう。
食事との兼ね合いもありませんから、好きなように飲むことも、好きなように食事をすることもできます。

普段の食事から、成分について考えながら作っている人であれば、100%の青汁を買って、足りない部分を食事で補うようにする生活もできるかもしれません。しかし、そこまで考えたくないというのが、多くの人の本音ではないでしょうか。
また、青汁として飲みやすさも、いくつかの野菜が入っている方が上だと言えそうです。

無理なく継続できる青汁を選ぼう

様々な青汁がありますが、選ぶ基準は続けられるものであるか、という事が1番大切です。
ダイエットのためにしても、健康のためにしても、すぐに効果が出るものではありませんから、無理なく続けられるものを選ぶようにしてください。