ファスティングというダイエット方法を、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。かなりダイエットに効果あるとされる方法ですが、だからこそやり方を間違えると、大変なことになるかもしれません。そこで、フルーツ青汁を使っての、ファスティングの方法を確認してみましょう。

フルーツ青汁を使ったダイエットの1つファスティングの目的とは

ファスティングとは、断食や絶食という意味で、何も食べずに体に溜まった毒素を排出することが目的の行為です。
そのため、ダイエットというよりは、健康になることが目的になりますから、無視をしては意味がありません。
何も食べないと言いましたが、今のやり方としては、特定の栄養補給商品と水だけで最低限の栄養を確保しながら、行います。

フルーツ青汁が商品に当たりますから、1日から数日の間、フルーツ青汁と水だけで過ごすという事になります。
慣れた人なら3日くらいやってしまうらしいですが、慣れていない人は、しっかり準備をして1日ファスティングを行い、徐々に通常の食事に戻すという流れを守るようにしましょう。
とりあえずは、明日やろうと思っても、やらない方が良いという事だけは覚えておいてください。

フルーツ青汁ファスティングは準備期間が大事

ファスティングをするときには、徐々にファスティングを行えるように体を慣らしてく必要があります。
つまり、準備期間が必要なわけです。断食に向けて、たくさん食べておく……わけではありません。
むしろ、普段の食事を減らすようにしてください。

ファスティングを行う期間にもよりますが、数日~1週間は準備期間として設けておいて、その間は、普段の6~8割程度の食事量にしましょう。
アルコールや間食は厳禁です。
ファスティング期間に入ったら、フルーツ青汁と水だけで過ごします。

その時に初期反応と言って、眠気やだるさ、頭痛、気持ちの落ち込みなどが出る人もいますから、そういうものだと理解しておき、心構えをしておいてください。
もしも、途中で無理だと感じたら、素直に止めることも大事です。
期間中は、フルーツ青汁は飲みすぎないようにしながら、軽い運動を取り入れられるといいでしょう。

ファスティング期間が終わったら復食期間で通常の食事に戻していく

ファスティング期間が終わったから、たくさん美味しいものを食べたい、という気持ちは分かりますが、そうすると胃がびっくりしてしまいます。
そのため、復食期間を設けて、ゆっくり通常の食事に戻していきましょう。
この期間は、高カロリーや味付けの濃いもの、消化に悪い物を食べないようにします。

おかゆなどの流動食からはじめて、軽食を摂るようにしてと、段階を踏んで元の食事に戻してください。
復食期間は、ファスティングと同期間とか、2日間は必要という話がありますが、とにかく急がないことが大切です。
復食期間を設けないと、胃腸に負担をかけるだけではなく、リバウンドの危険も出てきますから、注意してください。

ファスティングは健康第一で行い無理をしないこと

説明した通り、ファスティングとは、そもそも健康のための行為ですから、体調を崩してしまうと意味がありません。
そのためには、無理をしない事と、準備期間・復食期間をしっかりと設けることが大切ですから、忘れないようにしてください。