青汁と言えば、かつては美味しくないものの代名詞でした。しかし近年、手を変え品を変え、様々な青汁が登場して、だいぶ味も美味しくなってきたのをご存知でしょうか。そこで、今はどのような青汁があるのか、簡単にご紹介します。

一般的な顆粒の青汁の特徴

よくある青汁は、顆粒状のものを水に溶かして飲むものではないでしょうか。
小分けされているものがほとんどですから、持ち運びも楽です。
これだけだと、わざわざ紹介するまでもないのですが、今ではこのようなポピュラーな青汁でも、結構な種類が出ています。

言ってしまえば、飲みやすいものが結構出ています。そもそも、青汁が美味しくないと言われている理由の1つが、ケールを使っていたからです。
現在ではケールに変わり、大麦若葉や明日葉、甘藷若葉などを使ったものが出てきましたから、昔のイメージほど美味しくないわけではありませんし、選択肢の幅もかなり広がっています。
青汁特有の青臭さや苦みが駄目だという人は、とりあえずケールが入っていないものを試してみるといいでしょう。

とはいえ、どの材料を使っていたとしても、野菜には違いありませんから、苦手な人も少なくはないでしょう。
中にはあえて、ケール100%という青汁も存在します。

ジュース感覚で飲みやすい!より美味しくなったフルーツ青汁

青汁を飲みやすくしようというのは、上記のように昔からあったことですが、中でも飲みやすさや、美味しさを追求したものが、フルーツ青汁だと言えます。
青汁に果物を入れたものですが、ものによっては、本当にジュース感覚で飲めるものも存在します。
通常の青汁がどうしてもだめだというときには、フルーツ青汁を飲んでみると良いのではないでしょうか。

青臭さが全くないわけではないと思いますが、フルーツの甘さはありますから、アレンジも楽しむことが出来ます。
ただし、フルーツ青汁にするにあたって、野菜の数が少なくなっていることもありますから、野菜不足を補いたいという人は、原材料を確認しておいた方が良いでしょう。
それからフルーツ青汁は、ダイエット商品として、売りに出されていることも多く、野菜や果物のほか、乳酸菌や酵素、美容成分が入っているものも珍しくはありません。

青汁を飲むだけに飽きたら食べるジュレ状の青汁をお試しあれ!

変わり種として、青汁をジュレにした商品もあります。単純に、青汁を固めただけではなく、美味しくなるような工夫もされています。
青臭さが苦手だという人に向けて、青臭さを感じににくい成分を厳選していたり、自然の甘さを引き出すようにしていたりと、かなりこだわっているものです。

液体の青汁に飽きた人や、どうしても液体の青汁を飲むことが出来ないという人は、試してみてください。

健康的に継続できる自分に合った青汁を選択しよう

青汁に甘さはいらないという人もいれば、飲みやすくないと継続できないという人もいるでしょう。
青汁と言っても、様々な商品がありますから、自分の気に入ったものを探してみると良いのではないでしょうか。
少なくとも、美味しくないからと、すぐに止めてしまうよりは健康的な生活を送ることが出来るでしょう。