外食に行ってもカロリーを気にする人が居るくらい、ダイエットとカロリーは密接にかかわっていますよね。当然カロリーは少ない方が、ダイエットには良いです。では、ダイエットに効果があると言われている、フルーツ青汁はどれくらいのカロリーになるのでしょうか。

フルーツ青汁は低カロリーだけど飲み方で変化します

「フルーツ」とか「甘い」という話を聞いて、カロリーが高いと誤解している人もいるかもしれませんが、特にダイエット用に作られたフルーツ青汁は、結構低いです。
具体例をいくつかあげてみますと、1杯あたりで、フレッシュフルーツ青汁9.95キロカロリー、めっちゃたっぷりフルーツ青汁11.66キロカロリー、めっちゃぜいたくフルーツ青汁11.7キロカロリー、すっきりフルーツ青汁12キロカロリーとなり、12キロカロリー程度だと考えておくと良さそうです。

ただし、探してみると1杯あたり22キロカロリーくらいの商品もありましたので、ちゃんと確認はしておいてください。
基礎代謝で消費されるカロリーは、男性1500キロカロリー、女性1200キロカロリーと言われていますから、仮にフルーツ青汁だけで過ごしたとしても、100杯飲んでも太らないという計算になります。
ただし、これはカロリーが0の水に溶かした場合ですから、飲み方次第ではまた変わってきます。

牛乳や豆乳に溶かす飲み方が人気のようです

何に溶かすのかですが、人気があるのは牛乳や豆乳のようです。どちらも、味がまろやかになり、飲みやすく、栄養が豊富ですからさらに栄養補給効果を高めることが出来ます。
溶かす量ですが、一応フルーツ青汁の多くは100ccの水に溶かすというのが推奨されている飲み方らしいので、100gで考えていきます。

牛乳が100gで66.9キロカロリーで、豆乳が45.9キロカロリーになるそうです。
コップ1杯のというと、大体200gになりますから、コップ1杯の牛乳に溶かして飲んだというのであれば、66.9の2倍の133.8キロカロリーになります。
人によって食事のカロリーは変わってくるとは思いますが、牛乳などに溶かした場合、朝食と置き換えても、大きな効果は期待できないです。

そのため、昼食か夕食を置き換えた方が良いかもしれませんね。

ヨーグルトに混ぜて摂取するのもおすすめです

フルーツ青汁の美味しい摂取方法として、ヨーグルトに混ぜて食べると良いという話があります。フルーツ青汁が甘いですし、プレーンのヨーグルトで考えていますが、100g当たりのカロリーは、61.9キロカロリーと牛乳よりも、わずかに少なくなります。
100gで満足できるかは、人によって違うと思いますが、やはり朝食と置き換えるには、カロリーが高めだと言えるでしょう。

それから、フルーツ青汁はきな粉との相性も良く、「フルーツ青汁+ヨーグルト+きな粉」や「フルーツ青汁+豆乳+きな粉」とすると、美容にも良いのだそうです。
ちなみにきな粉のカロリーですが、大さじ1杯で31キロカロリー、小さじ1杯で9キロカロリーになります。

カロリーを考えながらフルーツ青汁をアレンジしてみて

カロリーを摂りすぎると、太ってしまうのは言うまでもありません。しかし、腹持ちを良くするため、より栄養価を高めるために、飽きがこないようにアレンジするのは良い事ではないでしょうか、ただし、熱には弱いので気を付けて下さい。